メディア

連載第12回 作業と仕事の峻別を

連載第12回 作業と仕事の峻別を
 親しい人と会ったときのあいさつは欧米では「ご機嫌いかが?」であるが、中国では「飯食ったか?」であるという。日本では、「忙しいですか?」が一般的である。日本のビジネスマンはみんな忙しく働きまわっていて、それが職業生活の幸せを意味するらしい。

(中略)

 作業と仕事の峻別こそ、リーダーが心すべきポイントである。
2006.11
月刊ビジネスデータ
キャリア開発史 久恒啓一の紹介 教育者 講義 久恒サロン ブログ 研究者 情報源 人物記念館の旅 人物記念館の旅 一覧 知的生産の技術研究会 学会 大学院 ゼミ メディア 社会貢献 著作 講演