メディア

東西南北 大分合同新聞


東西南北 大分合同新聞

東西南北
1932年、上海で行われた天長節(天皇誕生日)の祝賀式。「式台に並んだ重光葵公使らが"君が代"の斉唱中、爆弾が投げられた。爆発で下半身を強打され、重光は倒れた。右脚がちぎれるように痛い」(孤高の外相 重光葵・豊田穣著)。片足を失いながらも、翌年外交官として復帰▼米戦艦ミズーリ号艦上で降伏文書に調印した重光ほど、大分県内各地の誇りになっている人物はいない。大まかにいえば「豊後大野市三重町で生まれ、杵築市で育ち、国東市安岐町の墓に眠る」。このうち、安岐町にある山渓偉人館がこのほど常時開館(週5日)を始めた。

(中略)

多摩大学経営情報学部長の久恒啓一さん(中津市出身)は本誌「かぼす論壇」で「人物記念館は人生を充実させるヒントや知恵が詰まった地域の資源。役立てないともったいない」と指摘した。大分県内の子どもたちや若者に、重光の「へこたれない精神」を伝えたいものだ。

2012.5.26
大分合同新聞
キャリア開発史 久恒啓一の紹介 教育者 講義 久恒サロン ブログ 研究者 情報源 人物記念館の旅 人物記念館の旅 一覧 知的生産の技術研究会 学会 大学院 ゼミ メディア 社会貢献 著作 講演