メディア

大学と住民が力を合わせて地域全体の防災力をアップ


大学と住民が力を合わせて地域全体の防災力をアップ

 災害による被害を少しでも抑えるには、近隣との層の厚い「共助」の体制が欠かせない。多くの大学では平時から地域住民と連携し、地域全体としての防災力強化に取り組んでいる。
 災害に強い街づくりの第一歩は、なんといっても「防災マップ」。多摩大学では久恒啓一教授(経営情報学部)のゼミ生たちが街をくまなく歩き、多摩市の防災マップを作成した。その過程で、障がい者向けの設備を持つ避難所や、隣接する市の避難所も地図に載せるべきだと気づいたという。パソコンや携帯でも利用できるよう、マップのデジタル化も検討中だ。

(後略)

2012.6.4
京王・井の頭沿線みんなの大学
キャリア開発史 久恒啓一の紹介 教育者 講義 久恒サロン ブログ 研究者 情報源 人物記念館の旅 人物記念館の旅 一覧 知的生産の技術研究会 学会 大学院 ゼミ メディア 社会貢献 著作 講演