著作

2021年著作

電子書籍 仕事は日曜の夜から始めなさい
仕事は日曜の夜から始めなさい

月曜の朝ではもう遅い。ちょっとした「週末の過ごし方の違い」が、あなたをデキる人に変える。

ベストセラー『図で考える人は仕事ができる』『通勤電車で寝てはいけない!』『残業はするな、「前業」をせよ!』の著者が、<その他大勢から一歩抜け出すための仕事習慣>をアドバイス。デキるビジネスマンが、日曜日の夜や、月曜日の朝に必ず行っていた秘密の習慣とは?

 

ディスカヴァー・トゥエンティワン

電子書籍 図解の技術 表現の技術
図解の技術 表現の技術

技術一つで、企画書・レポートがわかりやすくシンプルで、かなり差がつくプレゼンテーションの武器に生まれ変わる。お手本図解・事例・ノウハウ満載の、今日から使える図解表現の手引き書。

 

ディスカヴァー・トゥエンティワン

電子書籍 団塊坊ちゃん青春記
団塊坊ちゃん青春記

探検部で活動した大学時代、社会人として国内外で多くの経験を積んだ日本航空での日々。団塊世代の著者が若き日の自分を見つめ回顧した痛快青春記。

目次

第一部 九州大学

部室乗っ取り作戦、成功す!ほか

第二部 日本航空

30歳の転機。絶望からの出発 ほか

第三部 ロンドン

君は「めん」を知っているか ほか

第四部 成田

人は、その人にふさわしい事件にしか出会わない!

「知的生産の技術」研究会(知研)との出会い ほか

 

ディスカヴァー・トゥエンティワン

電子書籍 できる人になるには 勉強してはいけない!
できる人になるには 勉強してはいけない!

「勉強」をして、一流になった人はいない。新しい時代が求める問題解決の方法は、過去の資料やデータにはない。現場に眠っている「答」を掘り起こす、資格やMBAを超えた、人生が変わる仕事術。

目次

序章 “現場主義”が仕事を面白くする―刺激のある思考を生むヒント

1章 いくら“勉強”しても人生は変わらない!―新しい“価値”をつくる5つのポイント

2章 仕事のスケールを広げる“頭っぷし”の鍛え方―「全身で動き、感じ、考えて」働く

3章 この先一流になれる人なれない人―勉強してもうまくいかない理由

4章 時代の変化を知る“視力”をつける―“人と情報が集まる”人になるコツ

5章 新しいビジネスを生む“関係力”をつける―1が100に広がっていくコミュニケーション

6章 勉強型「知的ビジネスマン」から現場型「職人ビジネスマン」へ―心から仕事を楽しめる人になる

7章 一流の“職人ビジネスマン”になる5つの条件―自分だけの「できるオーラ」を出す

 

ディスカヴァー・トゥエンティワン

電子書籍 図解で考える 40歳からのライフデザイン
図解で考える 40歳からのライフデザイン

会社一途でなく、好きなことでプロになる!人生50年から人生80年への転換の時、本業以外にもう一つ自分のテーマをライフデザインしよう。日航ビジネスマンから大学教授に転身した「凡人」の著者の人生後半30年計画。

第1章 人間の生き方いくつかのタイプ

第2章 人生八〇年への組み直し

第3章 人生計画づくりを趣味にしよう

第4章 仕事(第一領域)は徹底クリア!

第5章 自分のテーマ(第二領域)でプロになる!

第6章 毎日の生活リズムを快適にする

付録 私の三八歳、四七歳のときの年度計画

 

ディスカヴァー・トゥエンティワン

電子書籍 人生遅咲きの時代 ニッポン長寿者列伝
人生遅咲きの時代 ニッポン長寿者列伝

人生の後半は余生ではない。本番である。だれも自分を「終わった人」とは考えない、いわば「終わらざる人々」。人生後半からひときわ輝きを放った81人の生き様は、新時代を生きる私たちに勇気を与える。

目次

第一章 前向きな人
(昇地三郎/金原まさ子/加藤シズエ/柴田トヨ/金子兜太/宇野千代/塩月弥栄子/小森和子)

第二章 続ける人
(片岡球子/大野一雄/岩谷直治/高木東六/奥村土牛/三浦敬三/新藤兼人/加藤馨)

第三章 遅咲きの人
(橋本武/むのたけじ/豊田英二/佐藤忠良/団藤重光/永田耕衣/芹沢光治良/井伏鱒二/三鬼陽之助)

第四章 ひとすじの人
(小林ハル/石井桃子/土屋文明/邦 正美/笹島信義/上村松篁/吉田秀和/中川一政/今泉俊光/ドナルド・キーン)

第五章 きわめた人
(木村庄之助/東久邇宮 稔彦王/柳田誠二郎/来栖 継/王馬煕純/宇野精一/安藤百福/笹崎龍雄/木下是雄/岡崎嘉平太)

第六章 テーマ追い人
(近藤康男/奥 むめお/日高六郎/望月百合子/鈴木俊一/大河原良雄/大村はま/坂口謹一郎/大西巨人/山田五十鈴)

第七章 みがく人
(中川牧三/島田省吾/森信三)

第八章 気概の人
(蟹江ぎん/日野原重明/水島廣雄/松本重治/流 政之)

第九章 健やかな人
(成田きん/塩谷信男/三輪壽雪/三笠宮崇仁/安西愛子/横田喜三郎/笹川良一)

第十章 つくる人
(飯田深雪/松原泰道/坂村真民/住井すゑ/林 雄二郎/大竹省二)

第十一章 天寿の人
(小倉遊亀/安藤太郎)

第十二章 スーパー・センテナリアン
(大川ミサヲ/長谷川チヨノ/森 シノ)

あとがき

 

ディスカヴァー・トゥエンティワン

図解コミュニケーション全集3 実践編 よむ・考える・かく
図解コミュニケーション全集3 実践編 よむ・考える・かく

『図解コミュニケーション全集』第3巻実践編では、「図解コミュニケーション」を構成する「よむ・考える・かく」にかかわる著書4冊を中心に収録。

T.「図でよむ」では、『図解で読み解く! ドラッカー理論』を取り上げました。「マネジメントの発明者」と呼ばれるP・ドラッカーの著作にはビジネスのヒントがたくさん詰まっています。しかしドラッカーの著書を読みこなすのは難しいものがあります。ドラッカーの全仕事を図解しながら解説する、格好の入門書となっています。「図でよむ」ことの威力を示します。

U.「図で考える」では、2冊を取り上げます。
『「図で考える」ことができる人・できない人』。自分の頭で考えて行動し、周りの人を動かし結果を出して評価される。これは誰もが納得する、仕事がうまくいっている人の必要条件でしょう。図を描くことで、頭がフル回転し頭が汗をかく。それは自力で考えているからです。すぐに使えて、どこからでも読めて、仕事に活かせるトレーニング本、「図で考える」ことができるようになる本です。 『仕事力を高める方法は図がすべて教えてくれる!』では、自分自身の仕事を「図解」する過程で、自分で「考える」ことができるようになり、仕事のレベルが飛躍的に向上することを具体的な事例を駆使しながら示しています。

V.「図でかく」では、『図で考えれば文章がうまくなる』を取り上げました。学生のレポート、社会人のビジネス文書など、「書く」ことは多くの人にとって一生ついて回る課題です。「文章」を書くという行為には、「文体」と「内容」の二つの問題があります。文章読本の名著の多くは、「文体」、つまり「書き方のルール」に注力していました。肝心の「内容」をどうつくるかについては触れていないのです。「内容」を図解でまとめて、それを文章で表現する。それを「図解文章法」と名付けました。

NextPublishing Authors Press

50歳からの人生戦略は「図」で考える
50歳からの人生戦略は「図」で考える

「人生鳥瞰図」で仕事も人生もうまくいくキャリアデザインの教科書

目次
第1章 ニューノーマル時代の人生戦略
第2章 人生100年時代のライフデザインを考える
第3章 「図解」の基本を学ぶ──自分の仕事を図解する
第4章 人生戦略の第一歩、「5W2H」の方程式
第5章 過去、現在、未来を「見える化」する「人生鳥瞰図」の完成
第6章 「起承転( 、)転( 、)」の生き方を目指そう
──人生「遅咲き」の時代

プレジデント社

名言の暦 戦後命日編
名言の暦 戦後命日編

私の「名言」シリーズは、2017年の『偉人の命日366名言集』、2018年の『偉人の誕生日366名言集』、2019年『平成時代の366名言集』、2020年『名言の暦 平成命日編』に続き、5冊目となります。

日本人の寿命が急速に伸び、「人生100年時代」が射程に入ってきましたが、その生き方のモデルは長寿先進国の日本に豊富にあります。

書くにあたっては、必ず私の歩みとからめて対象の人物をとらえるようにしたのも特徴でしょうか。会ったこと、読んだ本、影響を受けたこと…。つまり自分史としての意味もでてきました。小論の最後には私自身の感慨を述べることにしています。

NextPublishing Authors Press

図解コミュニケーション全集 2 技術編 図解コミュニケーションの技術
図解コミュニケーション全集 2 技術編 図解コミュニケーションの技術

図を描きながら問題解決。図解思考の技術がここに!

1.図解の技術 表現の技術 知的生産のためのヴィジュアル情報学入門
 よいコミュニケーションは図解で/図解で企画する/図解で伝達する

2.図で考える人の図解表現の技術 思考力と発想力を鍛える20講
 マルと矢印だけで、すべて図解できる/図解することの最終的な目的

3.図で考える人は仕事ができる 実践編
 会議の効率をよくする/商談を円滑に運ぶ/企画力を強くする

4.図で考える技術が身につくトレーニング30
 図解の基礎を学ぼう/入門問題/基本問題/実践問題

日本地域社会研究所

教育者 講義 久恒サロン ブログ 研究者 情報源 人物記念館の旅 人物記念館の旅 一覧 学会 知的生産の技術研究会 大学院 ゼミ メディア 社会貢献 著作 講演
来訪者 累計 本日 昨日